• Tomolog

LGBT映画




今回のテーマは、LGBT映画。

6月26日に開催した「FF ZOOMオンライン会」のテーマにあわせました。


普段私はLGBT映画だから見る、というよりも、

作品として興味をもったから見る、というきっかけが多かったので、

今回参加してくださった皆さんのおすすめのLGBT映画を聞いて、

初めて知ったタイトルもたくさんありました。

(この後タイトル紹介しますね)


幹事の中にはLGBT映画に詳しいメンバーがあまりいなかったので、

FFの常連メンバーMaddyさんに幹事としてお手伝いいただきました。

この場でも御礼申し上げます!ありがとうございました!

※Maddyさん運営の邦画を紹介してくれるありがたいインスタグラムはこちら↓

https://instagram.com/lgbthouga


個人的にも面白そうな映画に出会えたのでよかったなーと思ったのと、

今回は特に様々な国籍、年代、性の方々にジョインいただけたので、

まさに多様性を感じることができた会でした。

映画以外のお話もできて刺激的でした♪


参加していただいた方から「おすすめ」としてあがった

映画タイトルは以下の通り。


キャロル

ストーンウォール

リリーの全て

美味しい家族

Love, サイモン 17歳の告白

アデル、ブルーは熱い色

プレイヤーズ・フォー・ボビー

ブロークバックマウンテン

素顔の私を見つめて saving face

bound

Circumstance

codependant lesbian space alien seeks same

Stage Mother


そして、Maddyさんのおすすめと、

おすすめしない映画をそれぞれ3つ選んでいただきました。


---Maddyさんおすすめ---

Love, サイモン 17歳の告白

刻在你心底的名字(君の心に刻んだ名前)

imagine me & you


---Maddyさんおすすめしない---

彼女

窮鼠はチーズの夢を見る

ジーリ


スライドも作ってくださったのでこちらもシェアさせていただきます。

https://docs.google.com/presentation/d/1wSf4mSyBCAj2Xi5gtE8XTv1O1cY9gBARx65BAQ2d7iI/edit?usp=sharing


おすすめする映画のなかでは、

「Love, サイモン 17歳の告白」が重なっていましたね。


とにかくキュンキュンする映画のようで、

好評だったことでドラマ化にも繋がったみたいです。


最近キュンしてないなーって方はぜひ!


2021年6月現在では、Amazonプライムで視聴できます。

+500円で視聴可能◎

Amazonプライムはこちらから。

https://www.amazon.co.jp/gp/video/offers/ref=nav_swm_dvm_jp_pl_cs_pw_swm_np_all_symphonyever


Amazonプラインの会員費は月額500円ですが、

30日間の無料体験があるのでぜひ活用してみてください。

(アフィリエイトではありません笑)


続いて、Maddyさんがおすすめしない映画、

「窮鼠はチーズの夢を見る」について触れていきます。


描き方としては極端だけど、ある意味リアルなのかなーという印象。


これは「彼らが本気で編むときは、」以来の、

ジャニーズが主演しているLGBT映画です。


https://www.amazon.co.jp/%E7%AA%AE%E9%BC%A0%E3%81%AF%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E5%A4%A2%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B-%E5%A4%A7%E5%80%89%E5%BF%A0%E7%BE%A9/dp/B08QGKX4GH


これもAmazonプライムで観ました。

ジャニーズがここまでやるんだなーと関心してしまった。

S○Xシーンの嵐、、、成田くんと大倉くんが結構体はってます。

パートナーが同じ部屋で別作業をしているなか、

この作品をイヤフォンなしでずっと再生してしまっていました。


最中の音とか声もリアルで、なんかドキドキしてしまいました。

(ふつうにイヤフォンするべきでしたね)


ストーリーとしてはあまり気持ちのいいものではありませんでしたが、

事前情報なしで観た私にとっては、とても衝撃的でした。

業界的にはざわついた作品だったのではないでしょうか。

ゲイのかたの感想もきいてみたい。。


とにかく二人ともイケメンでした◎


LGBT関連の映画って以前は「ハッピーエンド」ってあまりなくて、

暗い気持ちになるので積極的には観ないようにしていた時期がありました。


「チョコレートドーナッツ」とかすごい印象に残っていますが、

観終わった後、なんとも言えない気持ちになったのをいまでも覚えています。

どーんと胸にきましたね。。。


でも、

最近はもっと「前向き」というか、

「可能性を感じられる」エンディングとか、

「ほっこりする」内容が増えてきたように思います。


個人的には、そんな作品にたくさん触れていきたいです。


「おっさんずラブ」の女性版とか観たいなー

もしかして知らないだけであるのかな??


またみなさんのおすすめLGBT映画やドラマ、教えてください!

それではまたー